メニュー 開く メニュー 閉じる

お問い合わせはこちら

ATLANT 3D Nanosystems(次世代型産業用3Dプリンタ)法人テストユーザー募集

SSAPの欧州拠点であるSSAP Europeが提供している加速支援プログラムに参加したデンマーク発のスタートアップ、ATLANT 3D Nanosystems社が開発した次世代型産業用3Dプリンタは、マイクロデバイスやナノデバイスのラピッドプロトタイピングやサンプル品製造を実現します。

ATLANT 3D Nanosystems社の技術を活用し、ラピッドプロトタイピングや小ロットのサンプル品の製造やATLANT 3D Nanosystems社の3Dプリンタの日本市場導入の法人パートナーを募集しています。

ページトップへ戻る

ATLANT 3D Nanosystems社 について

ATLANT 3D Nanosystems社は、「素材を原子単位に分けてマイクロデバイスやナノデバイスのオンデマンド印刷を実現する」というミッションのもと、デンマーク工科大学(Technical University of Denmark)発のスタートアップとして2018年に3名のファウンダーにより設立されました。

Dr.Maksym Plakhotnyuk
CEO & FOUNDER

lvan Kundrata
CTO & CO-FOUNDER

Professor Dr. Julien Bachmann
CSO & CO-FOUNDER

現在、デンマーク・コペンハーゲンに拠点をおき、ヨーロッパを中心にマイクロデバイス・ナノデバイスのプロトタイピングやサンプルを製造する3Dプリンタの開発・製造・販売を実施しています。

ページトップへ戻る

ATLANT 3D Nanosystems社の3Dプリンタ の技術

ATLANT 3D Nanosystems社は、ALD(原子層堆積)技術を採用しており、素材を原子に分けて堆積しながら印刷していきます。
また、マイクロリアクター(微小化学反応器)を活用することにより、素材の原子層を表面上で直接堆積します。そのため、 ATLANT 3D Nanosystems社の3Dプリンタは、小さいミクロレベルの精度を求められる製品やパーツのオンデマンド製造を可能とします。

また、 ATLANT 3D Nanosystems社は素材の原子層を表面上で直接堆積する事が可能なことから、マイクロデバイスやナノデバイスの製造に必要な以下のような工程を削減し、製造時間とコストを削減します。

・製造に必要な複雑な工程設計
・フォトマスクの設計
・クリーンルームでの複数機材の活用
・危険なケミカルの活用(例:フッ化水素酸を利用した二酸化ケイ素のエッチングなど)

さらに、ATLANT 3D Nanosystems社は、少量且つご希望の素材や数量でプロトタイピングします。1つのサンプル製造からもご注文いただけます。

<印刷事例>

・センサーの上にプラチナの薄いフィルムをドッキング
・反射防止/反射オプティカルコーティング加工
・メモリー、ニューロモルフィック端末上への電磁的・超電導素材の加工  

ページトップへ戻る

ATLANT 3D Nanosystems社のパイロットプログラム

ATLANT 3D Nanosystems社の技術を活用し、プロトタイピングやサンプル製造をご希望の場合は、パイロットプログラムに参加いただく事でご注文いただけます。パイロットプログラムの主な流れは以下の通りです。

※素材等によってはご対応できない可能性もございます。あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る

パイロットプログラム参加または導入法人パートナー募集

ATLANT 3D Nanosystems社の技術を活用し、プロトタイピングやサンプル製造にご興味のある法人パートナーとATLANT 3D Nanosystems社の技術を日本市場において共に広めてくださる法人パートナーを募集しています。下記のお問い合わせフォームからご応募お待ちしております。

お問い合わせはこちらから

※お問い合わせのお返事は英語となります。あらかじめご了承ください。また、お問い合わせ時には可能な限り英語にてご記入くださいますようお願いいたします。

ページトップへ戻る

プロジェクト実行者

ATLANT Holding IVS
Founder & CEO Maksym Plakhotnyuk
連絡先 info@atlant3d.com

ページトップへ戻る