メニュー 開く メニュー 閉じる

閉じる

商品リスト
ご購入はこちら
TOKYO WATCH STYLE Connecting Style, People and Time

オンラインモール
TOKYO WATCH STYLE
※各オンラインストアの定める規約・条件が適用されますので、予めご確認の上、ご購入ください。

自分らしく、時を着る。 FES Watch 自分らしく、時を着る。 FES Watch

FASHION ENTERTAINMENTS

WHAT IS FES?

デジタル化で、ファッションをもっと自由にもっと楽しく

私たちは電子ペーパーを紙ではなく布として捉えて、好きな時に好きなデザインで楽しめるファッションアイテムを作ることで、新しいライフスタイルを創造していきます。

ファッションの新しい楽しみ方をみんなで創る。

Fashion Entertainments/FESのSは複数形のS。ユーザーやクリエイターの皆様と一緒に新しいライフスタイルを創って行きたい、という想いを込めました。ブランドロゴは、点在するみんなの想いが繋がってFESができていく様を表しています。

ページトップへ戻る

CREATORS

ファッションやデザインを軸に国内外の個性豊かなクリエイターによるオリジナルデザインをダウンロードしてFES Watch Uに表示できます。

吉泉聡  TAKT PROJECT Inc. 代表/デザイナー

TAKT PROJECT Inc.代表。 デザインオフィスnendo、ヤマハ株式会社デザイン研究所を経て、2013年TAKT PROJECT株式会社を共同設立。
DESIGN THINK+DO TANKを掲げ、スタートアップから大企業、大学、研究機関、行政機関など幅広いクライアントと共に「別の可能性をつくる」さまざまなプロジェクトを展開している。クライアントワークと平行し、実験的な自主研究プロジェクトを行い、その成果をミラノサローネ、メゾン・エ・オブジェ、ヘルシンキデザインウィーク、CREATIVE EXPO TAIWAN、AnyTokyoなど国内外で発表・招待出展。それらの研究成果から得られたナレッジと、多様なバックグラウンドを持ったメンバーにより、ジャンルを問わずプロジェクトに応じてデザインの役割を最大化する独自のアプローチを特徴とする。
Red Dot Award、グッドデザイン賞、ディスプレイ産業賞 優秀賞/経済産業省商務情報政策局長賞等、他受賞多数。

> TAKT PROJECT Inc.


安田昂弘  CEKAI Tokyo 代表/グラフィックデザイナー

1985年生まれ、名古屋市出身、美術大学を卒業後、2010年に株式会社ドラフトに入社。グラフィックデザイン、アートディレクション、プロダクトデザイン、同社デジタルチーム NOROSI Projectのチームリーダー、ムービーディレクションなど、多岐にわたるプロジェクトに携わる。その傍ら、個人としてもグラフィックデザインや映像作家、様々な大規模音楽イベントでのVJ活動などを行い、2015年6月に同社より独立。世界株式会社に所属し、2016年7月より同社東京オフィス代表に就任。アートディレクション、グラフィックディレクションだけでなく、2015年より自身の個展によるグラフィックプロジェクトをスタートするなど視覚表現を軸に様々なクリエイティブでの活動を展開している。

> YASUDA TAKAHIRO


朝倉充展・朝倉洋美  Bob Foundation

朝倉充展と洋美によるクリエイティブグループ。 イギリスCentral Saint Martins College of Art & Design卒業後、2002年にBob Foundationを設立。アートディレクション/グラフィック/イラスト/ムービーなどに渡り活動。2015年、オリジナルペーパーブランドNumber 62をdaily Bobという日用品ブランドに一新し、製造から販売まで行う。興味のある題材を見つけては分野を問わず研究する毎日。「プロフェッショナルな図面工作」がモットー。

> Bob Foundation


小野直紀  YOY 空間デザイナー

プロダクトデザイナーの山本侑樹とともに、デザインスタジオYOY(ヨイ)を主宰。空間と物の間をテーマとした家具、照明、インテリアのデザインを行う。
その作品はMoMAをはじめ世界中で販売されており、国内外のアワードを多数受賞している。
2015年より武蔵野美術大学非常勤講師。2016年4月にミラノで個展を開催。

> YOY


Studio Kanna(スタジオカンナ)

スタジオカンナは、コーポレートアイデンティティと印刷物を専門とする会社。
1995年に渡英後、ロンドンのセントラルセントマーチンズにおいてグラフィックデザイン科を 修了(Bachelor of Arts)する。イギリスのカルチャー雑誌「Dazed and Confused」において エディトリアルデザイナーを務め、その後、コーポレートアイデンティティで有名なデザイン会社 Northに入社する。
2006年の終わりに、個人事務所設立の為に帰国する。 以後、イギリスで培ったブランディングの基礎をデザインのベースとして、 既存のアイデアにとらわれないシンプルで意味のあるアプローチを追求している。その他、積極的にエキシビションの企画やオーガナイズ、地域活性化に繋がる実験的活動など、デザインの可能性を同じクリエイティブ精神の仲間と共に活動している。
現在は日本とヨーロッパを中心に、ロンドンでの基礎と東京での経験を活かし、 さらなる個性を日々探求している。

> StudioKanna


All The Fruits

All The Fruits はロンドンで結成され、現在はイタリアのボローニャを拠点とする多角的なクリエイティブスタジオ。
イラストレーターのStephen CheethamとインテリアデザイナーのJessica Pinotti、二人はいくつかのコラボレーションプロジェクトを成功させた後、お互いのスキルの組み合わせに可能性を感じAll The Fruitsを立ち上げた。
主にインテリア、建築、家具、やファッションのためのグラフィックに焦点を当てた活動をしている。

> All The Fruits


GASIUS

ロンドン拠点のアーティスト兼グラフィックデザイナー。
12歳からグラフィティを描き始め 93年にグラフィティブランドGASFACEをスタート。Slam City Skatesなどのスケートショップのみで販売され、アンダーグラウンドレーベルとして熱狂的な支持を受ける。
98年、ファッションブランドMAHARISHIのヘッドグラフィックデザイナーに就任し、7年間従事。その後、より自身のアート活動に専念するために退任。
2003年から、アーティスト名と同名のストリートウェアレーベルGASIUSとしても活動を開始し、現在はイギリスのGoodHood、パリのColette、アムステルダムの290Sqm など世界中の限られたブティックでのみ展開している。

> GASIUS


HI(NY) design / ハイ・ニューヨーク

渡邊瞳と小山田育によるNYを拠点とするデザインユニット。
アメリカ、日本、ヨーロッパ、中東、南米と国内外を問わず、ブランディング、プリントデザインやウェブを中心に活動。
クライアントには、Coca-Cola、MTV、国連、Victoria's Secret、Dean&Deluca、新宿伊勢丹など。
GRAPHIS金賞、ONE SHOW、GDUSAなど受賞多数。

> HI(NY) design


HOMEWORK / Jack Dahl

コペンハーゲンを拠点とするホームワークは世界的に名の知られたグラフィック・デザイン・スタジオであり、クリエイティブ・コンサルタンシーである。
タイムレスとコンテンポラリーを絶妙に均衡させる美学に基づき、より良い生活を喚起させるデザインで、国内外の錚々たるブランドと長期にわたる信頼関係を築いてきた。
コスメティック、ファッション、家庭用品の分野などでブランディング、CI、アート・ディレクション、リブランディングを得意としている。

> HOMEWORK


A&L / AHONEN&LAMBERG

アホネン&ランバーグはパリを拠点とし、ファッション、カルチャー、出版など様々な分野に渡り活動するデザインスタジオ。フィンランド出身のアンナ・アホネンとカタリーナ・ランバーグにより2006年に創設され、アート・ディレクション、クリエイティブ・コンサルタント、グラフィック・デザインに特化している。クライアントはAdidas、Aldo、Carven、Cerruti、Diesel、H&M、伊勢丹、 Kitsuné、Lacoste、Printemps、Wallpaper*などがある。


DCheuk / Deanne

ディアン・チュークはニューヨークを拠点とするアート・ディレクター/イラストレーター/アーティスト。その作風は自然、ユートピア、空間、人間からインスピレーションを受け、しばしば現実の表現をファンタジーへと歪めている。クライアントはConverse、Nike、Levi’s、ユニクロ、 American Express、Dellなどがある。

> DCheuk


Marcus / marcusjames

1973年イギリス・ウェストカントリー生まれ。芸術家肌の両親の勧めで幼年期より実物写生を学び、絵画の基礎を築き、アーティストとして目覚めて行く。1993年ロンドンに拠点を移し、セントラル・セント・マーチンズを卒業。その後、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートに進学し、文学修士号を獲得。写生を学びながら大学病院の死体安置所で解剖学も学ぶ。この経験をもとにした展示と出版物「The Anatomy Room, The Drawing Studio, and The Beach」はシーラ・ロビンソン賞絵画部門を受賞。近年ではAlexander Mcqueen、Chloe、Yves Saint Laurent、Stella Mccartneyなどのファッションブランドとのコラボレーションを行っている。現在は、次回展示に向け創作に専念中。

> Marcus

ten_do_ten / ten

点が点を点々とピクセル・デザインする、ジャパニーズ・ピクセル・デザイナー。 武蔵野美術大学在学中より松本弦人氏に師事。1995年デラウエアに参加。2001年脱退。2001年、9.11以後、ウェブサイト「ten_do」をスタート。携帯電話のインターフェイス・装丁・エディトリアル・ CDジャケット・ウェブ等、国内でのデザイン、コラボレーションワークの他、海外でのクライアントワーク・エキシビジョンにも多数参加。

> ten_do_ten


?
And more...
ページトップへ戻る