メニュー 開く メニュー 閉じる

閉じる

商品リスト
ご購入はこちら

オンラインモール
First Flight Amazon店
※ 各オンラインモールの定める規約・条件が適用されますので、予めご確認の上、ご購入ください。

ビジネスパーソンの夏を変える。REON POCKET ビジネスパーソンの夏を変える。REON POCKET

REON POCKETとは?

本体を専用インナーウェアの首元にあるポケットに装着し、スマートフォンアプリで操作することで、本体接触部分の体表面を冷やしたり温めたりすることのできる、個人に合わせた温度設定が可能な新しいタイプのウェアラブルデバイスです。

特長.1
インナーウェア装着型
ウェアラブルサーモデバイス

特長.2
操作性に優れた
専用スマホアプリ

特長.3
冷温両対応だから
「夏」も「冬」も使える

ページトップへ戻る

REON POCKETが、ビジネスパーソンの夏の悩みを解決する。
まずはこちらのムービーをご覧ください。

ページトップへ戻る

特長.1

インナーウェア装着型ウェアラブルサーモデバイス

アプリ操作で、本体の温度を4段階で調整が可能。

ページトップへ戻る

特長.2

操作性に優れた専用スマホアプリ

アプリを起動し、ワンタッチでCOOL/WARM/OFFの切替や、温度調整などが可能。
すぐにお好みの温度へ調整して頂けます。

ページトップへ戻る

特長.3

冷温両対応だから「夏」も「冬」も使える

効果には個人差があります。

ページトップへ戻る

REON POCKETの仕組み

首もとへの接触冷感/接触温感


REON POCKETは、本体を専用インナーの背面ポケットに装着して使用します。インナーウェアを着用すると本体が首もとにフィットする設計になっており、直接首もとを冷やす、温めることができます。肌に直接接触するから冷温感を得やすい、それがREON POCKETの仕組みです。

ページトップへ戻る

REON POCKET本体に搭載された技術

モバイル機器設計で
積み重ねてきた
ソニーの熱設計技術を
惜しみなく
REON POCKETに搭載。

数百回のシミュレーションを経て設計された放熱機構は、ヒトの皮膚を冷温するために新開発されたサーモデバイスのパフォーマンスを最高度に引き出します。

ページトップへ戻る

REON POCKET 専用インナーウェアの特長

首もと背面に配置された本体がフィットする専用格納ポケット。 吸水速乾性を持つポリエステルを生地に使用。極細繊維が柔らかな風合いで着心地が良い。 ストレット素材なので本体のフィット感、着用のフィット感が良い。フラットシーマ縫いで、着用時のごろつきを軽減。
※極細ポリエステル素材、S・M・Lの3サイズをご用意。インナーウェアは、東レインターナショナル株式会社からの提供です。

ページトップへ戻る

モード機能

MANUAL MODE

ご自身で温度レベルを4段階から選んでお使いいただくモードです。

MY MODE

COOL/WARMの繰り返しやオフタイマーを設定できます。 お使いになる状況に合わせて、お好みの設定でお使いいただけます。 設定の例は、利用シーンページや、 コミュニティページを参考に、お試しください。

ページトップへ戻る

AUTO MODE

本体に搭載の複数のセンサーが、本体内部や冷温部の温度、行動(静止/歩行)を感知し、 適切な温度レベルになるよう自動的に調整してくれるモードです。
オートモードをONにしておくと、例えば、歩き始めは温度レベルは弱く、歩き続けるにつれて段階的に温度レベルが強まり、 足を止めたときに最も強い温度レベルになる、などのように自動調整してくれます。

行動の検出には、ソニーのR&Dセンターで開発した独自のモーションセンシング技術を採用しています。
人の歩行動作をリアルタイムに検出するこの技術により、適切な温度調整を可能にしています。

ページトップへ戻る

クイック起動

あらかじめクイック起動を設定をしておくと、アプリを使わずに本体のボタンを約2秒間押すだけで、COOL/WARMを開始できます。
いつも同じ設定で使われる方や、手持ちでお使いになる場合などに、手軽にお使いいただけます。

ページトップへ戻る

REON POCKETラインナップ

製品公式サイトの製品情報ページをご参照ください。

熱中症に関する注意

REON POCKETは、熱中症対策として使用いただくものではありません。
環境省の情報サイトに、熱中症予防のための日常生活に関する指針が掲載されていますので、ご参照ください。

SPECS
気温(参照) 注意すべき生活活動の目安 注意事項
危険(35℃以上) すべての生活活動で
起こる危険性
高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。
外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。
厳重警戒(31℃~35℃) 外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。
警戒(28℃~31℃) 中等度以上の生活活動で
起こる危険性
運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。
警戒(28℃未満) 強い生活活動で起こる危険性 一般に危険性な少ないが激しい運動や重労動時には発生する危険性がある。

環境省「熱中症予防情報サイト」より

ページトップへ戻る

製品公式サイトのよくある質問をご参照ください。

「IOS(iOS)」は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。
「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
Bluetooth®ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、ソニー株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。
その他本文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
画像はイメージです。
製品の色は実際の色とは多少異なる場合があります。
全ての値は参考値としてご参照ください。
製品の仕様およびデザインは予告なく変更する場合があります。
温度の感じ方には個人差があります。
本ホームページの内容は、2020年7月現在のものです。

ページトップへ戻る

プロジェクト実行者

REON POCKET
ページトップへ戻る